活動・お知らせ

ニュース・更新情報

実験報告会が開催されました

2017年5月16日

住宅基礎梁の開口部補強構造に関する技術開発(安全対策)実験の報告会が5月16日に神楽坂の東京理科大学理想会会議室にて行われました。この技術開発実験は平成26年度から平成28年度にかけて、国土交通省の建築関連先導技術開発助成事業費補助金技術開発としておこなわれ、住宅用RC基礎梁に、人通口のための点検口システム、配管のためのスリーブ補強ユニット、および、それらを用いた開口部補強効果に関する評価手法を開発することにより、住宅用RC基礎の設計・施工の発展、および、設備配管・構造躯体の維持管理・点検に大きく貢献するものと考えられます。

千葉工業大学 中野教授

千葉工業大学 中野教授

実験報告会の模様

実験報告会の模様



ページの先頭に戻る



Copyright© 一般社団法人 日本住宅基礎鉄筋工業会 CO.,LTD. All Rights Reserved