ボーリング試験~標準貫入試験

住宅基礎の基礎用語地盤関連

ボーリング試験~標準貫入試験
ボーリングマシーンで掘削した孔を利用して地盤調査の標準貫入試験を実施する。標準貫入試験はボーリング深度1mごとに、錘63.5kgを落下高さ76cmから自然落下させ30cm深さの打撃回数をカウントする。その打撃回数がN値とする。また、各貫入試験深さにおける土質サンプルが入手できる事と、サンプラーによるコア採取により各種の土質試験が実施できる。



ページの先頭に戻る



Copyright© 一般社団法人 日本住宅基礎鉄筋工業会 CO.,LTD. All Rights Reserved