小径鋼管杭

住宅基礎の基礎用語地盤関連

小径鋼管杭
鋼管径50㎜~200㎜程度の一般構造用炭素鋼管が用いられている。施工は圧入もしくは回転により打設される。杭先端にウィング羽根が装着された工法が大半で、公的機関により技術認証、または大臣認定が取得された工法が一般的である。



ページの先頭に戻る



Copyright© 一般社団法人 日本住宅基礎鉄筋工業会 CO.,LTD. All Rights Reserved