表層地盤改良工法(浅層混合処理工法)

住宅基礎の基礎用語地盤関連

表層地盤改良工法(浅層混合処理工法)
平面状地盤補強の一種。地盤改良材(一般にセメント系)と現地土を混合撹拌し転圧することにより、支持力の強化を図る。使用される地盤改良材はセメント系の場合、原則六価クロム対応が推奨されており、その他施工環境への配慮から無粉塵タイプの採用が広がっている。



ページの先頭に戻る



Copyright© 一般社団法人 日本住宅基礎鉄筋工業会 CO.,LTD. All Rights Reserved