小径鋼管杭

住宅基礎の基礎用語基礎関連

小径鋼管杭
50mm~200mmぐらいの一般構造用炭素鋼管を用いた杭。鋼管先端部に羽根(ウィング径)を付けた仕様が一般的で、比較的小型の重機(クローラータイプ、一部建柱車タイプも有り)により、回転及び圧入力により、地盤へ貫入させ支持層まで打設する。公的機関による検証を受けて技術認証技術、あるいは大臣認定工法として設計されるのが一般的である。



ページの先頭に戻る



Copyright© 一般社団法人 日本住宅基礎鉄筋工業会 CO.,LTD. All Rights Reserved